三つの視点で優良かどうか判断しましょう

利用者の数

まずもっとも把握しておかなければいけないのは利用者の数です。多くの利用者がいるかどうかというのは大変重要な目安となってきます。数が少ないから一概に悪徳業者なのか!という見方はしてはいけませんがそれでも多くの人から利用されているのはそれなりに理由がないと利用者というのは集まりません。ましてや利用者の出入りが激しかったりします。

出会い系サイトというのは悪徳業者が昔から蔓延していたので利用者も悪徳業者だとわかったらすぐにやめて次のサイトへと行きます。利用者の出入りが激しいところは注意が必要です。少なからず右肩下がりではなく現状維持のところや右肩上がりの水準を誇っているところは優良サイトの評価が高いとみていいでしょう。

利用者の数というのはものすごい重要な目安となりますのでぜひともチェックしておきましょう。どの業界でも大手と呼ばれるところは利用者の数が大きいので優良サイトとして重要な要素と言えるでしょう。

運営歴の長さ

どれだけの期間長く運営されているのかも重要なファクターと言えるのではないでしょうか?永く運営していればしているほどどんな業界でも利用者から愛されているからでしょう。永く会社を運営するというのはものすごく大変なことなのです。ましてや出会い系サイトと言えば悪いイメージが絶えない業界ですから一般の業界よりも運営は大変だと言えるでしょう。

一般の企業でさえ三年残っている会社の数は全体に1%といわれております。悪徳業者ならばさらに口コミで広まってつぶれてしまうものです。出会い系サイトでいえば運営歴が10年以上続いているものは非常に優良サイトと評価してもいいでしょう。

広告展開

最後はどんな広告展開をしているのかをしっかりと把握しておきましょう。広告を多く出していることで二つのことが見えてきます。

一つはその会社の大きさです。いろいろな所に展開しているとなると多くのお金が必要になってきます。すなわち大きい会社といえるでしょう。ということは大手企業とつながってくるでしょう。広告というのはものすごく高いのです。街などの看板だったり、雑誌で紹介されている数が多ければ大きい会社ということになります。
もう一つは広告業界でのその会社の評価です。たとえばテレビのCMで悪徳業界を紹介しているところを見たことがありますか?たいていは第一線で活躍している企業でしょう。つまり広告もいいところに紹介してもらおうと思ったら広告会社が載せる先をしっかりと調べられるのです。変なところを紹介してしまったらとばっちりが来ます。

簡単な例をあげるならばイメージガールで芸能人を起用する出会い系サイトも多いですがもしそこが悪徳サイトだったら芸能人のイメージまで損なわれてしまいます。ですから芸能人とタイアップできるぐらいの企業は広告先からも高い信頼を受けている何よりの証となります。
以上三つのことをすべて当てはまっているものを優良サイトと判断してもいいかと思います。